スタッフブログ

こどもの歯は虫歯になりやすい!?


こんにちは!

菊水アロー歯科 歯科衛生士のおおたけです!

 

こどもの歯は大人の歯に比べると虫歯になりやすいのはご存知でしょうか?

6歳〜12歳くらいをかけて乳歯から永久歯に生え変わりが起こります。

 

 

6歳頃に「 6歳臼歯 」と呼ばれる第一大臼歯が生えてきたり、5番目までの歯は乳歯が抜けて入れ替わりで永久歯が生えてきます。

12歳頃に「 12歳臼歯 」と呼ばれる第二大臼歯が生えてきます。

その後ろに親知らず(第大三大臼歯)が生えます。

molar_6yo10

乳歯の後ろの6歳臼歯が生える様子

 

 

こどもの歯と言われる『 乳歯 』と大人の歯と言われる『 永久歯 』では虫歯へのなりやすさや、進行の速さが異なります。

乳歯は永久歯に比べると歯の質が弱いので、虫歯菌が出す酸によって穴が空きやすいです。

さらに永久歯に比べて厚さは「2分の1 」ほどしかないため、虫歯になるとすぐに神経に近くなり痛みも伴いやすいのです。

 

 

 

永久歯が生えてきたとしても生えたての永久歯は『 幼弱永久歯(ようじゃくえいきゅうし) 』といい不完全のため虫歯になりやすいです。

こどもの歯磨きでは生えたてで歯茎に埋もれた歯や、奥歯が生えてきても見えづらく上手く歯ブラシが行き届きません。

そのため仕上げ磨きが必要になります。

こどもが大きくなると仕上げ磨きをついしなくなってしまったり、嫌がるかもしれませんが永久歯に生え変わるまでは仕上げ磨きをするのが望ましいです!

milkteeth_brushing

 

 

永久歯が生えてくると虫歯を直視で見つけるのは困難です。

そのため歯科医院での虫歯のチェックや、磨き残しをみてもらうことが大切です。

生え変わる前に大きな虫歯になることはその後の永久歯にも影響があります。

 

お子様の歯並びや、ご家庭での歯磨きのお悩みなどがありましたらお気軽にご相談ください!