スタッフブログ

こんなにすごい!唾液の役割


みなさん、こんにちは。

菊水アロー歯科です。

 

2月も半ばを過ぎました。

まだまだそんな気配は感じないですが、少しずつ春が近づいてきていますね。

北海道は四季折々の姿を見せてくれるので、季節が変わるのがいつも楽しみです。

北海道のまん延防止重点措置が、延長されるとのことですが、

外の空気に触れつつ変わりゆく季節を感じたいですね。

 

さて今回は『唾液』のお話です。

みなさん、唾液はどんな働きがあるか知っていますか?

実は唾液は、様々な役割を果たしているんです。

 

food_kamu

 

唾液の主な働きとして、

 

■自浄作用

お口の中をキレイにして、むし歯や口臭を防ぎます。

 

■殺菌作用

お口の中に入ってくる細菌の増殖を防ぎます。

 

■消化作用
食べ物を胃で消化されやすい状態にします。

 

■再石灰化作用

歯の表面を修復しむし歯を防ぎます。

 

■緩衝作用

食事により酸性に傾いた口内をPHを中和させ、むし歯を防ぎます。

 

があります。

 

唾液の分泌が減ると、口臭や渇き、ネバネバ感などがでて、

お口の中だけではなく全身に影響が出ることがあります。

 

最近ではマスクをしている時間が長いので、無意識に口呼吸をすることが増え

マスクの中でお口が乾いていることがあります。

お口が乾くことで、お口の中の細菌が増殖しやすい環境になり、

むし歯や歯周病が悪化することがあります。

 

健康な歯を維持するためにも、唾液は大切な存在です。

唾液の量は1日1000~1500mlも分泌されます。

なんと牛乳パック1~1.5本分もの唾液が出ているんですよ!

 

しっかりと唾液を出すためにも、

・食事のときに噛む回数を増やす(30回噛みましょう)

・噛み応えのあるものをメニューに取り入れる

など、食事の時に噛むことをしっかり意識してください。

 

でもむし歯があったり、歯を失っていたりするとしっかり噛むことが出来ません。

唾液の機能を十分に得るためにも、『歯』は大切な存在です。

 

いま、皆さんの歯はしっかりと機能していますか?

歯が痛い、歯茎が腫れている、歯がしみるなど気になることがある方、

しっかり噛んでいるけど唾液が少ない、口臭が気になる方はぜひ歯科医院でご相談ください。

 

また、当院には管理栄養士が在籍しています。

 

job_eiyoushi

 

栄養面だけではなく、噛むことについてご不安な方はぜひご相談ください。

歯が痛い、矯正中で食べづらい、など何らかの症状で食事がしづらいなどありましたら、

管理栄養士から調理方法や食事の摂り方についてもサポートいたします。