スタッフブログ

ドライマウス


こんにちは、菊水アロー歯科 くりたです

 

この時期は空気が乾燥してますよね、お肌の乾燥も気になりますが今日は

お口の乾燥、ドライマウスについてお話しします🦷🍂

 

「ドライマウス(口腔乾燥症)」は、唾液の分泌が低下して、お口の中が乾く病気です。

口腔乾燥症の原因は様々であり、疾患によるもの、薬の副作用によるもの、脱水、口呼吸、ストレスによるものなどがあり、

さまざまな原因によって唾液の分泌が減ると、口の中の湿潤度が減少し、乾燥するようになります。

唾液が不足することにより、唾液の抗菌作用や自浄作用が低下し、むし歯や歯周病になりやすくなります

 

唾液には、食べやすくするだけでなく、口を通して外部から入ってくる細菌などから体を守るための、免疫機能という重要な働きもあります。噛むことで唾液腺が刺激され、唾液の分泌量が増えます。

 

唾液の7つの働き
①消化作用(食べ物を消化する働き)
②保護作用(お口の中に傷が出来ない様に守る働き)
③洗浄作用(お口の中を洗いきれいにする働き)
④殺菌・抗菌作用(細菌が入ってくるのを防ぐ働き)
⑤緩衝作用(お口の中を中和してくれる働き)
⑥再石灰化作用(虫歯を防ぐ働き)
⑦排出作用(異物などを体から排除しようとする働き)

 

唾液が減ると

①虫歯になりやすくなる
②歯周病になりやすくなる
③入れ歯が痛くなりやすくなる
④口内炎が出来やすくなる

 

ドライマウスの改善には唾液腺のマッサージや、

キシリトールガムなどのシュガーレスガムを噛む事によって、唾液の出る量を増やす方法もあります。

私はフッ素とカルシウム配合のガム

「ポスカF」を食べています(^^)

 

05ADCCCC-AA8A-4AB7-B41D-3E548D734915

 

気になる方はお声がけください