スタッフブログ

パタカラ体操をご存知ですか❓


こんにちは😃

菊水アロー歯科の衛生士くぼたです

皆さま、パタカラ体操というものをご存知でしょうか❓

 

歳を重ねていくと、口の筋肉や舌の動きが弱まるため、嚥下機能(飲み込む力)が低下し、食べ物を誤嚥してしまうことがあります。

「誤嚥性肺炎」は、誤嚥によって食べ物が気管に入り、肺が炎症を起こすことが原因で起こります

食べ物を上手く飲み込めるようになれば、誤嚥性肺炎を防ぐことが出来るんです‼️

 

そこで☝️

「パタカラ体操」を取り入れることによって、口や舌の動きが鍛えられます。

誰でも簡単にできる体操を日々の生活に取り入れるだけで、咀嚼や嚥下の機能を回復させ、食事への不安を解消することができちゃうんです🍴

 

 

それでは体操のやり方をご紹介いたします🖐

「パ」「タ」「カ」「ラ」を、それぞれ5文字3回ずつ発音してみましょう。

 

「パパパパパ、タタタタタ、カカカカカ、ラララララ」を3回繰り返し発声すればOKです。

 

「パ」は、口をしっかり閉じて発音する

口を閉じる筋肉が鍛えられることで、口の中の食べ物をこぼさないようにすることができます。

 

「タ」は、舌を上あごにくっつくように発音する

下の筋肉が鍛えられると、食べ物をしっかり押しつぶしたり、飲み込んだりすることができます。

「カ」は、のどの奥を意識して発音する

のどの奥に力を入れ、一瞬呼吸を止めることで、食べ物を飲む込む動作ができます。

のどを閉じることで、誤嚥を防ぎ、食べ物を食道に送ることができるようになります。

「ラ」は、舌をまるめるように発音する

舌をまるめてよく動くようにすることで、食べ物を喉の奥に運び、飲み込みやすくなります。

 

「大きな声で」「一文字一文字」「はっきりと」意識して声に出すようにしましょう。

 

何度か繰り返し慣れてきたらできるだけ早く、繰り返して発声すると、より効果的です

大切なご両親や、おじいちゃんおばあちゃんに是非ぜひ教えてあげてくださいね

 

 

9DEB8A2C-878F-4D7A-B861-A669FC07585D

 

 

歯科衛生士 くぼた