スタッフブログ

口が開かない!?


こんにちは!

菊水アロー歯科 歯科衛生士のおおたけです!

 

最近、突然口が開きにくくなってしまいました

開口量は、人差し指から薬指まで3本を縦にして口に入るくらいが正常と言われています。

 

しかし、最近になって2横指、1.5横指ほどしか開かないことも・・。

いわゆる『 顎関節症 』です。

主な原因は「 くいしばり 」が原因で顎の関節に負担をかけていました。

engagement_jaw_pain

 

顎関節症の原因はいくつかありますが、多いとされているのが、下顎と頭蓋骨の接続部にあるクッションの役割をする「 関節円盤 」のずれによって音がなったり、口の開閉が困難になります。

 

私の場合は関節円盤がずれてしまい、関節の動きを邪魔してしまい顎が引っかかって口が少量しか開かなくなってしまったのです。

 

 

仕事をしている時など集中している時に食いしばりをしてしまうことがありましたが、恐らく就寝時も食いしばりをしている可能性がありました。

口が開きにくくなったことを先生に相談して『 マウスピース 』を作成していただきました!

 

・食いしばりしないように意識して顎への負担を減らす

・マウスピースをつけて寝る

これらを気をつけていると口が3横指分はいるようになったのです

 

しかし、マウピースを外して仕事をしていたり集中していると開きにくいことがあるため、開いたからといって止めてしまうしまうのは危険です。

 

以下に当てはまる方は顎関節症の疑いがあります。

☑︎カクカクと口を開け閉めすると音がする

☑︎噛むと顎周りが痛む

☑︎朝起きた時に顎の周辺に痛みや肩こりがする

☑︎口が開きにくい

 

顎関節症につながる要因は色々あるため以下の習慣がある人は注意しましょう!

・常に上と下の歯が接触している

・食いしばり、歯ぎしりがある

・デスクワークなど集中作業が多い

・力仕事をする方

・頬杖をつく

・寝転がってテレビやスマートフォンをみる

 

など当てはまる方はきをつけましょう!

自己判断で治癒しようとすると悪化したりする可能性もあるので顎関節症の疑いがある方は歯科で相談を受けましょう!

 

マウスピースを作ってもらったことで、食事もしやすくなり更に歯を大切にしたい気持ちが高まりました

お悩みの方はお気軽にご相談ください!