スタッフブログ

口内炎とビタミン🍅


こんにちは!歯科助手のあべです(o^_^o)

皆さん、口内炎ができて困ったことはありませんか?

 

口内炎は疲労、ストレス、免疫力の低下、ビタミンなどの栄養不足など様々なことが原因で口の中の粘膜に起こる炎症のことです。口内炎が出来てしまうと食事が心から楽しめないですよね。そこで、、、

 

①口内炎予防に効果的な栄養素について

②口内炎の食事について

2回に分けてお話しします!!

 

今回は、①口内炎予防に効果的な栄養素についてです。

 

口内炎を改善するためにはバランスの良い食事が必要なのですが、その中でも特に口内炎に効果的なのがビタミンなのです⭐

 

ビタミンには抵抗力を向上させ、身体の調子を整える力があります。ビタミンAは、粘膜を保護して抵抗力を上げる働きがあります。ビタミンCはストレスや風邪などの病気に対して抵抗力を強める働きがあり、皮膚や粘膜の健康維持に役立ちます。そして、、、最も摂取すべき重要なビタミンはビタミンB群です!!

 

ビタミンB2は、ビタミンB群の中でも特に口内炎に関係のある栄養素です。不足すると疲れやすくなったり、貧血、口内炎や唇が荒れてしまうなどのトラブルがあります。不足しやすい方は意識的に摂取していきましょう!

 

さて! では、これらのビタミンを多く含む食材は何なのでしょうか?

 

 

ビタミンA:緑黄色野菜(人参、カボチャ、ほうれん草など)、うなぎ、レバーなど

ビタミンC:果物(キウイフルーツ、レモンなど)、ピーマン、パプリカ、キャベツなど

ビタミンB2:レバー、牛乳、卵、魚(うなぎ、さばなど)、干し椎茸

 

 

いかがですか?😋ビタミン=野菜や果物だと思っていた方が多いと思います。

ですが、肉や魚、牛乳にも含まれているんですよ!

 

ビタミンAは脂溶性ビタミンなので油との相性が良く炒め物などが

バランス良くとれるのでおすすめです。

野菜が美味しい季節になってきましたので、

是非旬の野菜と肉や魚などをバランス良くとって食を楽しみましょう♪♬♪

次回は口内炎の食事についてです!お楽しみに(^^)6607


 

歯科助手 あべ