スタッフブログ

歯がしみる!ブラッシングの力入り過ぎていませんか?


こんにちは!

菊水アロー歯科 歯科衛生士のおおたけです

 

7月も気づけば半分過ぎてしまっていました

夏の暑さもあっという間に終わってしまいそうですね…。

 

今回はお口の中の悩みに多い「歯がしみる」についてお話していきます!

歯がしみたとき虫歯かも?と思う方が多いですが、

虫歯以外にも歯がしみる原因があります。

 

 

歯茎が下がっていると歯の根本がしみることが多いです。

歯はエナメル質という知覚がなく硬い組織で覆われています。

しかしエナメル質の内側や、歯の根っこは象牙質という組織でできています。

象牙質は神経へと繋がる無数の穴と管があり、そこから冷たい刺激が神経へと伝わります。

hypersensitive004

 

 

歯茎が下がる原因は様々ですが、しみる症状がある方

「歯ブラシの時、ゴシゴシと強く磨いていませんか?」

 

一生懸命磨こうとすると、強く磨いてしまいやすいですが、

歯や、歯茎には優しくありません。

強く磨かなくても、力を入れずに1,2本ずつ磨くように細かくブラシを動かし繰り返し磨く方が磨き残しも少なくなります。

歯ブラシの持ち方にも気をつけてください!

 

手をグーにして持つと、力が入りやすいので、

ペンを持つようにして歯ブラシを持つと、細かくブラシも動かしやすく力も過度に入りにくいです。

 

強く磨いていたかも!という方、今日から「ブラッシングの力」や「持ち方」

ぜひ意識していきましょう!

 

これからより暑くなると思いますので、冷たい飲み物やアイスを美味しく食べたいですね!

 

tikakukabin-after

歯科衛生士 おおたけ