スタッフブログ

歯垢って食べカスでしょ⁈


こんにちは!

菊水アロー歯科の衛生士むらのです。

 

皆さんは、歯垢と歯石の違いってご存知ですか?

歯垢=食べカス。ではありません

 

 

歯垢は、歯の表面に付く白くヌルヌルした細菌の塊で、”プラーク”とも呼ばれます。(排水溝のヌメリが歯に付いてると思ってください…😱)

この中の細菌が、虫歯や歯周病の原因です

でも安心してください✋歯ブラシでこすれば、取ることができます。

 

そして歯垢が2日ほど経つと唾液のミネラルと反応し、歯石になります。

歯石は文字通り”石”なので、強固に歯にくっつき、残念ながら歯ブラシで取ることができません。歯医者で専門の器具を使えば取ることができます。

実は歯石に細菌は存在しないのですが、

表面がデコボコザラザラしているため、そこに歯垢が付きやすい環境になってしまいます😈

 

歯垢が付きやすい環境=虫歯や歯周病になりやすい環境 なのです

しかも歯垢って臭い。口臭の原因にもなるんです👺

 

 

歯石になる前に、歯垢を毎日歯ブラシやフロスでキレイに取ること

これがいちばん大切です!

 

しかし完璧に磨くのって難しいです。

私たち歯科衛生士がキレイのお手伝いをさせていただきます。気になるかたはぜひ菊水アロー歯科へいらしてくださいね

 

 

 

歯科衛生士 むらの