スタッフブログ

被せ物外れたのに、どうして歯石とり?


こんにちは 歯科医師のしみずです。

被せ物が外れてしまって、新しく作り直すことになった時、先生は「まず歯周病の治療から始めましょう」。

そんなことより早く作ってよ、と思ったことはありませんか?

被せ物が外れてしまうのは、多くの場合被せ物の下で虫歯ができていて接着力が弱くなってしまったことが原因です。

虫歯ができるのは、磨き残しがあったことが原因ですので、その歯の周りの歯茎も炎症を起こしていることがほとんどです。

歯茎が炎症を起こしている状態で被せ物を新しく作ると、炎症で腫れている歯茎にあった形の被せ物ができます。その後歯ブラシをしないとまたすぐに虫歯になってしまいますので、被せ物を作った後は歯周病の治療や歯ブラシを適切に行なっていく必要がありますが、それによって歯茎の状態が改善すると歯茎が引き締まって被せ物と歯茎の境目に隙間があいてしまいます。被せ物と歯茎の境目に隙間ができると、見た目が悪くなるだけでなく、そこから虫歯ができやすくなってしまいます。

このような理由で、被せ物を新しく作る場合は歯石とりから始めることが多いです。

治療計画で気になる事があれば、担当の先生に聞いてみてくださいね!

crown036

歯科医師 志水 宏光(しみず ひろあき)